ネイチャーフィールドは静岡県西部地区を中心として創業して20年 ログハウスを中心に北欧デザインと性能の高い北欧の窓・ドアのこだわった注文住宅を皆さまにお届けしています。「人と自然に優しい暮らし」「日本の暮らしにちょうどいい北欧住宅」を提案しております

2019年5月1日

ログハウスをお考えの方にログハウスの魅力をお伝えします!


今日は新築するにあたってログハウスをお考えの方に20年ログハウスに暮らす私たちがメリット、デメリットをお伝えしたいと思います!
まずはログハウスは屋根材以外のほとんどが木材でできています。
一般住宅と違い、木の柱を横にしてらさらに辺の交わる部分は柱を組みながら積み上げていくという丸太組み工法という建築様式の建物です。工法は一般住宅とは全く違います。
一軒で使用される木の分量も一般住宅の3倍から5倍と言われています。
ここからはログハウスのメリットをお伝えします。
まずは、メリットその1

ログハウスの材料の大半は人体に影響を与えるものは使用されていないので安心して暮らしていただけます。
アレルギーがある方、小さいお子様がいる方、高齢者の方などどなたにも優しいのです。(全く0ではありません)

メリットその2
木は熱伝導率が低いため壁を全て木を積み上げてできているログハウスは外気温を中に伝えにくく一年を通して室内温度の変動が一般住宅よりは小さいです。
寒い時期は暖かく、暑い時期は涼しく過ごしていただけます。
暑い時期に涼しい理由の一つは、湿度が低いことにもあります。
木の壁は室内の湿度を自然に吸ったりはいたりしてくれるため常に適度な湿度が保たれるため湿度の高い夏は涼しく感じます。

メリットその3
木にはフィットチット効果といって癒し効果が大変高いと言われています。
ログハウスの室内は先程も述べたように全て木で覆われていますので、室内にいながら森の中にいるような癒し効果が得られます。

メリットその4
木は経年変化を楽しむことができます。
我が家も20年経ちましたが、壁紙ならば色あせや剥がれなどの劣化が悪い方向に働きますが、木は時間が経つごとに色目が変化してしっくりしてきます。塗装の色では出せない色合いがでますので長い年月たのしんでいただけます。
まだまだ、メリットはたくさんありますが、メリットがあればデメリットもあります。
やはり、木は自然のものなので季節や時間の経過の中で膨らんだり縮んだりします。
それをセトリングと呼んでいます。
最大で10センチくらい沈むこともあるたも、窓やドアの部分には余裕を持たせて作り、通しボルトのネジを締めたり緩めたりします。
と言っても、毎日、毎日やるわけではないのでご安心下さい。

もう一つは日本は雨が多く、外壁の腐れが心配されます。
新築時にきちんと塗装をしておけば最低でも5年は持ちますが一般住宅よりはスパンが短いのは確かです。
但し、塗装は塗装の色や立地条件によってかなり塗装期間に幅があります。
デメリットはどんな住宅にもあり得ますが、ログハウスの場合は、自分でデメリットの部分をカバーできる良さもあります。
ログハウスは一般住宅とは明らかに違う建物です。実際の暮らしの中でメリットやデメリットを通して暮らし方や価値観が変わっていくのもログハウスに住むことの魅力です。

また、ログハウスはメーカーによって材料もプランにも考え方にも違いがあります。
ご自分でしっかり見て、ゆっくり検討し、自分らしく暮らせるところを選ばれることをお勧めします。
建てる前はログハウスのことを理屈でわかっていても、実際におきる現象にあわてることもあると思います。
そんな時も、気軽に相談できるところまでを視野に入れて選ばれることをお勧めします。

有限会社ネイチャーフィールド
〒438-0114
静岡県磐田市合代島406-1
TEL 0539-63-0788
FAX 0539-63-0787
営業時間 9:00~18:00
定休日 毎週火曜日